本人確認せず携帯端末SIMカード交付で業者代表逮捕 容疑で福岡県警

 福岡県警は15日、東京都文京区関口1丁目のレンタル携帯電話会社代表(46)を携帯電話不正利用防止法違反(本人確認義務)違反容疑で逮捕した。逮捕容疑は、2015年6月30日ごろから7月29日ごろまでの間、本人確認を行わずに携帯端末で用いられるSIMカードを交付した疑い。

=2018/05/15 西日本新聞=

「愛人契約詐欺」で使われるレンタル携帯

今年に入ってから多数ご相談いただいている詐欺の一つに、愛人契約を誘い文句とする詐欺があります。

残念ながら多くのご相談者様が泣き寝入りせざるを得ない状況にあり、弁護士としては非常に悔しいところです。

現在でも同様の詐欺被害に遭われている方がいらっしゃるため、これ以上の被害拡大を止めるべく、今回は愛人契約詐欺について、その手口を解説したいと思います。

続きを読む 「愛人契約詐欺」で使われるレンタル携帯

レンタル電話社長逮捕 沼津署など、車拠点の詐欺事件

 車を拠点に詐欺電話をかける振り込め詐欺グループによる詐欺事件で、沼津署や県警捜査2課などの合同捜査班は23日、携帯電話不正利用防止法違反の疑いで東京都東久留米市南町、レンタル電話会社社長の男(36)を逮捕した。同署は、振り込め詐欺グループに携帯電話などを提供していたとみて調べる。

続きを読む レンタル電話社長逮捕 沼津署など、車拠点の詐欺事件

品薄続くニンテンドースイッチを“逆輸入”販売


キュレーションセールスのヴェルテは、品薄状態が続く家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(任天堂)の“逆輸入”販売を開始すると発表した。
 

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

今年3月3日の発売以降、4か月が経過した今もなお手に入りにくい状態が続き、大ヒットしている「Nintendo Switch」。7月21日には、夏の目玉タイトル「スプラトゥーン2」が発売され、本体を求めて“争奪戦”はますます熱を帯びている。

続きを読む 品薄続くニンテンドースイッチを“逆輸入”販売

「レンタル業者の大半は犯罪に特化している」罰則軽く根絶困難

 全国の特殊詐欺グループに携帯電話を供給していたレンタル業者トップの摘発が25日、明らかになった。被害総額が400億円前後で高止まりする特殊詐欺。警察当局は携帯の供給を断つことが最重要対策とみて業者撲滅作戦を展開してきたが、業者を取り締まる法律は罰則が軽く、摘発を続けても業者が次々と現れる「いたちごっこ」の状態が続いている。

 

続きを読む 「レンタル業者の大半は犯罪に特化している」罰則軽く根絶困難