イーロン・マスクたち激おこ! 殺人ロボットはダメ、絶対!

誰が何と言おうと新兵器の開発は止まらないんでしょうね...。

AI業界のリーダーたちが、殺人ロボットとも呼ばれる、自律型致死兵器(Lethal Autonomous Weapons, LAWs)の禁止を要請する文書を国際連合に提出しました。署名に名を連ねた26カ国、116人のAIとロボットの専門家は、「これらの技術は火薬や核兵器に並ぶ第三次兵器革命を引き起こしかねない!」と主張しています。大惨事になるぞってことですね、いや洒落とかじゃないです...。

続きを読む イーロン・マスクたち激おこ! 殺人ロボットはダメ、絶対!

「Siri」さん、ディープラーニングでロボ声を改善。違いを聞いてみよう

結構違いますよ。

Apple(アップル)製品に搭載されている、AIアシスタントの「Siri」。普段からお世話になっている人も多いでしょう。そのSiriさんですが、実はディープラーニングによって徐々に滑舌が自然になっていること、お気づきでしたか? 英語版のSiriではありますが、Appleはその進化を研究結果として公開しているんです。

続きを読む 「Siri」さん、ディープラーニングでロボ声を改善。違いを聞いてみよう

ルクセンブルクで警察車両にテスラの「Model S」を導入

あら、いいですねぇ。

ルクセンブルグで警察車両にTesla(テスラ)の「Model S」を導入予定だということがわかりました。導入するのは、Grand Ducalエリアの警察署で、2台購入予定とのことです。

続きを読む ルクセンブルクで警察車両にテスラの「Model S」を導入

Facebookの動画プラットフォーム「Watch」は、どこまでYouTubeと張り合えるのか?

 

アメリカ現地時間で水曜日、Facebookが新サービス「Watch」を発表しました。名前からつい腕時計端末を想像してしまいますが、まったく違います。FacebookのWatchは、新動画プラットフォームです。デスクトップ、ラップトップ、モバイル、テレビアプリに対応。まずは、アメリカの一部ユーザーにサービスを解禁し、その後順次拡大予定です。

 

続きを読む Facebookの動画プラットフォーム「Watch」は、どこまでYouTubeと張り合えるのか?

「iPhone 8」、画面を見ている時は通知音をミュートにする賢い機能付き?

たしかに必要ないですよね。

 

スマートスピーカー「HomePod」のファームウェアからさまざまな情報が判明している、新型iPhoneこと「iPhone 8」。今回はその便利な小技として、「画面を見ている時は通知音をミュートにする」という新機能らしきコードが発見されました。

 

 

続きを読む 「iPhone 8」、画面を見ている時は通知音をミュートにする賢い機能付き?

【大人のおもちゃ】バイブがある絶滅危惧種を救う

カメは約2億1000万年前三畳紀後期から存在する生物ですが、淡水に住む約半分の種が絶滅の危機にひんしています。それを喰いとめるにはカメの雌雄の正確な数を知る必要があるのですが、カメの雌雄判別はとても難しいんです。

 

そこで、人間用大人のおもちゃが大活躍しているんだとか。どうやって使うのか気になりますよね。ええ、まさに人間に使うように患部に当てるんですって。

 

続きを読む 【大人のおもちゃ】バイブがある絶滅危惧種を救う

アメリカが動く。DARPA、脳とコンピュータをつなぐ研究に約74億円の投資

2021年までに、ブレークスルー来る?

 

昨今、人間の脳とコンピュータをつなごうとする動きがあちこちで起こっています。Facebookしかり、イーロン・マスク氏しかり。そんな技術が実現すれば、ゆくゆくは言葉なしで他人の思考を読み取ったり、クラウドにある人工知能の能力を自分のものにしたりが可能になるとされています。そして先日、米国国防高等研究計画局(DARPA)が、目が見えないなどの感覚障害の治療のため、脳とコンピュータをつなぐ神経インプラントの開発に6500万ドル(約74億円)投じることを発表しました。

 

続きを読む アメリカが動く。DARPA、脳とコンピュータをつなぐ研究に約74億円の投資

5,000年前の中国では身長約180センチ越えの集団が存在していた

その遺伝子少しわけてほしい…。

 

中国の山東省で5,000年前のものとみられる、長身の集団の遺骨が発掘されました。彼らは新石器時代に生きていて、とても背が高いという特徴がありました。

 

続きを読む 5,000年前の中国では身長約180センチ越えの集団が存在していた

喫煙率世界一のロシア。2015年以降に生まれた人はタバコを買えないようにしようとしている

 

思い切った法律ですが、果たして効果はあるのでしょうか?

 

アメリカ大統領選挙に介入したと報じられているロシアですが、ロシアには心配事が尽きないようです。最近は喫煙問題に悩まされているとのこと。

 

続きを読む 喫煙率世界一のロシア。2015年以降に生まれた人はタバコを買えないようにしようとしている