スティーブ・ジョブズの暗黒面が明らかに。ドキュメンタリー映画「Steve Jobs: The Man in the Machine」予告編公開


マイケル・ファスベンダー主演のではなく、実際の映像を元に作成されたドキュメンタリー映画「Steve Jobs: The Man in the Machine」の予告編が公開されました。監督は、オスカー受賞経験ありのアレックス·ギブニー

続きを読む スティーブ・ジョブズの暗黒面が明らかに。ドキュメンタリー映画「Steve Jobs: The Man in the Machine」予告編公開

#スティーブ・ウォズニアック が語る。「いつか人間はロボットのペットになるよ」

120117woz.jpg


未来では、人間がペット。じゃ、犬や猫はペットのペット?

アップルの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック。その彼がテキサスで開催されたテクノロジーのカンファレンスに参加した際、「私たち人間は人工知能を搭載したロボットのペットになる可能性がある」と語りました。

続きを読む #スティーブ・ウォズニアック が語る。「いつか人間はロボットのペットになるよ」

NSAのスパイ活動を内部告発したスノーデンを描く映画。主演はジョゼフ・ゴードン – ギズモード・ジャパン


これは期待大なんですが。

Guardianによると、NSA(米国家安全保障局)によるスパイ活動を世界中に告発したエドワード・スノーデン氏の伝記映画が制作されるそうです。主演は、「インセプション」や「リンカーン」でお馴染みのジョゼフ・ゴードン氏。監督は「プラトーン」、「7月4日に生まれて」のオリバー・ストーン氏が担当するんだとか。プロデューサーを務めるモリッツ・ボーマン氏は、監督の起用にあたって「この映画には、政治的圧力に屈しない本物のインディペンデント性が必要だった」と述べています。

続きを読む NSAのスパイ活動を内部告発したスノーデンを描く映画。主演はジョゼフ・ゴードン – ギズモード・ジャパン

ビル・ゲイツが名指しする「世界一凶暴な生物」とは

みんな知ってるあいつ。この動物は、体は小さいながらも毎年75万人を殺していると推定され、死者数という意味では世界一凶暴な動物です。ビル・ゲイツ氏が公開した下の可視化データによると、サメやオオカミやライオンよりはるかに危険な存在です。 続きを読む ビル・ゲイツが名指しする「世界一凶暴な生物」とは

ギャラリーに置きたくなる都市型の自転車VANMOOF

VANMOOF01.jpg Less is Moreな機能美。 オランダは知る人ぞ知る自転車先進国。平坦な国土に最適な乗り物として、自転車は交通手段全体の27%を占めるほど普及しています。人口1人あたりの所有台数も1.09台と世界一です。多くのサイクリストは「クリティカル・マス(※)」を形成し、利用者の要望が都市政策に取り入れられるように働きかけているそう。その結果、専用車線と独自ルールが確立しており、ヘルメットも不要。着用を定める法律も存在しないとか。 続きを読む ギャラリーに置きたくなる都市型の自転車VANMOOF

ジョブズ、ソニーの買収を計画するも高すぎて断念していた

高くて買えない」ってちょっとかわいいですね。 オラクル創業者のLarry Ellisonさんが都内の講演にて「(前アップルCEOの)ステーブ・ジョブズがソニーを買おうとしたが、高すぎた」というエピソードを披露したそうです。 続きを読む ジョブズ、ソニーの買収を計画するも高すぎて断念していた

ダーウィン、モーツァルトにル・コルビュジエ……天才たちの一日の過ごし方

天才と言っても生活スタイルは十人十色。 ベートーベンやフロイドにディケンズ、ダーウィン。歴史に名を残すほどの偉業を成し遂げた人たちはどんな一日を送っていたのでしょうか? Info We Trustが偉人たちの一日の予定を円グラフにまとめましたよ。夜型や朝型、さらには起きている時間のほとんどを仕事に費やした人もいれば、仕事はほんの少しだけで、後の時間は人生を謳歌していたなんて人も。各々、異なるスケジュールで個性を感じます。 続きを読む ダーウィン、モーツァルトにル・コルビュジエ……天才たちの一日の過ごし方

新iMacのお届けにきました→配達員がウォズだった!

最高のドッキリですね。 ジョブズの盟友スティーブ・ウォズニアック氏本人からこんな動画が送られてきました。とあるお父さんがウォズの大ファンである娘、エマちゃんのために仕掛けたドッキリです。 続きを読む 新iMacのお届けにきました→配達員がウォズだった!

ウォズ本人に聞いた「ウォズニアック役は誰にやってほしい?」

自分が映画に出てくるなんて、どんな感じなのでしょうね。 アシュトン・カッチャー主演の『スティーブ・ジョブズ』だけが、ジョブズ映画ではありません。映画「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキン氏が脚本を担当する、新たなジョブズ映画が進行中です。 続きを読む ウォズ本人に聞いた「ウォズニアック役は誰にやってほしい?」