もし地球が大きなブルーベリーの塊になったらどうなる? オックスフォードの研究者がガチで計算したら…驚愕の展開になった

もしも地球が、同じ大きさのブルーベリーの塊になったらどうなるの? このぶっ飛んだ疑問が投稿されたのは、海外サイト「Stack Exchange」。日本で言えば、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」のような質問投稿サイトだ。

適当な返答ばかりが集まって終わるだけになりそうだが、今回は違った。なんとオックスフォード大学の研究者がガチで検証。さらには論文まで執筆し、2018年7月27日にコーネル大学図書館が運営する論文サイト「arXiv」にて公開した。果たして地球がブルーベリーになったら……その驚愕の展開を紹介するぞ! 続きを読む もし地球が大きなブルーベリーの塊になったらどうなる? オックスフォードの研究者がガチで計算したら…驚愕の展開になった

【超スケール動画】アメリカでスポーツカーが宇宙に打ち上げられる → ライブ映像が完全にSFの世界


宇宙を股にかけるSF(サイエンス・フィクション)。SFの乗り物にはロマンが詰まっている。大砲満載の宇宙船もカッコいいが、空飛ぶ車も捨てがたい

2018年2月6日、アメリカでそんなSF世界に1歩踏み出す打ち上げが行われた。打ち上げを行ったのは、ロケットや宇宙船の開発・打ち上げなどの宇宙輸送業務を手掛ける会社『スペースX』。打ち上げられたのは、なんと真っ赤なスポーツカー続きを読む 【超スケール動画】アメリカでスポーツカーが宇宙に打ち上げられる → ライブ映像が完全にSFの世界

D5、宇宙(そら)へ。ニコンがNASAへ「ニコンD5」を53台納入

53台も!

ニコンは、「NASAから『ニコンD5』を53台受注、納入した」と発表しました。宇宙飛行士の地上でのトレーニングや国際宇宙ステーション(ISS)内外での撮影機材として活用されるそうです。

続きを読む D5、宇宙(そら)へ。ニコンがNASAへ「ニコンD5」を53台納入

SpaceXの宇宙服がダフト・パンクみたいで格好良い

 

テクノロジック。

イーロン・マスクによるプロジェクトはどれもミステリアスかつ冒険心に満ちていて我々の興味をひきつけます。Twitterで「ニューヨークとワシントンDCをハイパーループで結ぶよ」といきなり宣言したのも記憶に新しいですが、いったい社内の意思決定やプロジェクト発表はどんなプロセスで行なわれているのか、想像もつきません。

続きを読む SpaceXの宇宙服がダフト・パンクみたいで格好良い

【星の赤ちゃん】 100億年前の銀河で起こった「お星様のベビーブーム」! NASAが公開した “官能的な” 夜空に見惚れたい

1

先日、「117億年彼方に輝く『ロード・オブ・ザ・リング』の悪役」をご紹介したように、“宇宙関連の年齢” を見ていくと気が遠くなる。太陽47億才、地球45億才、天の川銀河が136億才……。

そして今回 NASA が発表したのが「100億年前の天の川系銀河」のイメージ。私たちの太陽が生まれるずっと前の大変美しい風景なのだが、これ“お星様のベビーブーム” の姿なのである!

続きを読む 【星の赤ちゃん】 100億年前の銀河で起こった「お星様のベビーブーム」! NASAが公開した “官能的な” 夜空に見惚れたい

【さよなら地球】ひと足お先に火星に行ってきます! 人類移住計画『マーズワン』が2018年に火星で植物を育ててみると発表

1

人類火星移住計画『マーズワン』。火星に着いても地球に帰ってくる手立てが用意されていないことなどから、「無謀なのでは?」とか「自殺行為だ」と言われつつも、今日も世界中の人々の興味をひきつける。

続きを読む 【さよなら地球】ひと足お先に火星に行ってきます! 人類移住計画『マーズワン』が2018年に火星で植物を育ててみると発表

【衝撃UFOニュース】今さら何だって!? あのCIAが 「50年〜60年代に目撃されたUFOの半数はウチの航空機です」と突然告白 – ロケットニュース

2

未確認飛行物体、通称UFOが人類の歴史上に登場したのは、紀元前329年のこと。アレクサンドロス大王が2つの銀盤に攻撃され、その場に居合わせた象、馬、家来たちがパニックになったとの記録が残されている。

続きを読む 【衝撃UFOニュース】今さら何だって!? あのCIAが 「50年〜60年代に目撃されたUFOの半数はウチの航空機です」と突然告白 – ロケットニュース

グリーンピースがナスカの地上絵に残したメッセージにブチギレたのはペルー政府だけではなかった! 月刊ムー編集長「これはダメだ。そもそも認識が甘い」 – ロケットニュース24

2014年12月8日、ペルーで「COP20(国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議)」が開催されている真っ直中、世界遺産「ナスカの地上絵」付近に環境保護団体グリーンピースが侵入し、環境保護を訴える “TIME FOR CHANGE(変化の時)” との巨大メッセージを残していった……。この活動に対し、世界中から非難が殺到!

続きを読む グリーンピースがナスカの地上絵に残したメッセージにブチギレたのはペルー政府だけではなかった! 月刊ムー編集長「これはダメだ。そもそも認識が甘い」 – ロケットニュース24