女子高生AI「りんな」から“電話”がかかってくる――「私たちって付き合ってるんだよね」

 日本マイクロソフトは2月13日、女子高生AI「りんな」と声で会話できるサービスを発表した。Webサイト「りんなライブ」にアクセスし、「この後、順番に電話かけてもいい?」という質問に「〇」を押してしばらく待つと、りんなから“電話”がかかってくる。

続きを読む 女子高生AI「りんな」から“電話”がかかってくる――「私たちって付き合ってるんだよね」

Boston Dynamicsの4足ロボット「SpotMini」、ドアを開けて「お先にどうぞ」

 米ロボット企業Boston Dynamicsは2月12日(現地時間)、商品化を予定している家庭用ロボット「SpotMini」のバリエーションらしきロボットが自分でドアを開けて出ていく動画を公式YouTubeチャンネルで公開した。

続きを読む Boston Dynamicsの4足ロボット「SpotMini」、ドアを開けて「お先にどうぞ」

SIEJA、PS VR「Bravo Team」を4月7日発売–シューティングコントローラ同梱版も

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は2月6日、PlayStation VR(PS VR)用ソフト「Bravo Team」(ブラボーチーム)を、4月7日に発売すると発表した。価格はパッケージ版とダウンロード版ともに4900円(税別)。

続きを読む SIEJA、PS VR「Bravo Team」を4月7日発売–シューティングコントローラ同梱版も

富士通、携帯端末事業をファンドに売却–「らくらく」「arrows」ブランドは継続

 富士通は1月31日、連結子会社である富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)の株式および、富士通周辺機の携帯端末事業を承継する新会社ジャパン・イーエム・ソリューションズの株式をポラリス・キャピタル・グループが新たに設立する会社へ譲渡することで合意、契約を締結したと発表した。今後、両社は3月末を目途に株式の譲渡を目指す。

続きを読む 富士通、携帯端末事業をファンドに売却–「らくらく」「arrows」ブランドは継続

iPhone Xとも相性抜群!1万5000円で買えるRHAの高音質イヤホン『MA650 Wireless』 – @DIME

『iPhone 7』以降のユーザーにとって悩みの種は、今まで使っていたイヤホンが使えないこと。もちろん、付属のLightningとφ3.5mmミニジャック変換アダプター経由で接続できるのだが、内蔵DACが原因で音質がかなり劣化する。それでを避けるには高性能な外付けDAC内蔵ポタアンと組み合わせるか、Lightning対応イヤホンを使うか、Bluetooth対応イヤホンにするかという3つの選択肢がある。お手軽なのはLightning対応イヤホンかワイヤレス化だ。そこそこ音が良くてケーブルレスの快適さが甘受できるBluetoothに注目。マニアックにMMCX対応のBluetoothリケーブルを使う方法もあるが、今回はシンプルにU1万5000円の製品から選んだ。

続きを読む iPhone Xとも相性抜群!1万5000円で買えるRHAの高音質イヤホン『MA650 Wireless』 – @DIME

骨伝導でもイイ音にできる!専用ポタアンでワイヤレス化も可能です! – &GP

ポータブルアンプ(通称ポタアン)って使ってみたいけど、全然ポータブルサイズじゃない!と、思ったことありませんか? なんと、クリップ付きでバッグや洋服に簡単に取り付けることができる便利なサイズのポタアンが誕生したのです。そのうえ!骨伝導で聞くスタイルなので、耳の穴をふさぐタイプではありません。周囲の音や音楽を聴きながら使えるので、仕事にも良さそう! ランニングなど、屋外で使うときも便利ですね。そして、音質がイイ! 続きを読む 骨伝導でもイイ音にできる!専用ポタアンでワイヤレス化も可能です! – &GP

パナソニック、ワイヤレスでもハイレゾ相当のBluetoothヘッドホン

 パナソニックは1月29日、Bluetoothヘッドホン「RP-HD600N/HD500B」(想定価格:3万3000円前後/2万6000円前後)を発表した。LDAC、aptX HDに対応し、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質再生を実現する。発売は2月22日。

続きを読む パナソニック、ワイヤレスでもハイレゾ相当のBluetoothヘッドホン

アップルのARアプリ、ついに壁にモノを貼れるようになる

 仮想のボールを床にバウンドさせて壁に当てるゲーム。ポスターにスマートフォンをかざすと、1969年の月面着陸を疑似体験できるアプリ。

 これらは、Appleの拡張現実(AR)ツール「ARKit」のバージョン1.5へのアップデートで、「iPhone」や「iPad」向けアプリに加わる新機能の一例だ。ARKit 1.5は近くリリース予定の「iOS 11.3」の一部で、よりリッチなアプリを開発するための新機能が追加された。例えば、仮想の物体を、テーブルのような水平面だけでなく、壁やドアのような垂直な面にも置けるようになる。また、標識やポスター、絵画などの画像を検知する機能が付き、さらに、ディスプレイに映す現実世界の解像度が従来よりも高くなる。

続きを読む アップルのARアプリ、ついに壁にモノを貼れるようになる

パナソニック、明るいリビングでも見やすい4K液晶テレビ「ビエラ FX750/FX600」シリーズ

 パナソニックは1月26日、4K液晶テレビに「ビエラ FX750/FX600」シリーズを発表した。明るいリビングでも見やすい高画質設計を施している。発売は2月23日。

続きを読む パナソニック、明るいリビングでも見やすい4K液晶テレビ「ビエラ FX750/FX600」シリーズ