5億年前の化石、脳や神経を「透視」 海洋機構などCTで

ireQVIdw581Al8Do

海洋研究開発機構や英国自然史博物館などの国際研究チームは、約5億年前のカンブリア紀の化石をコンピューター断層撮影装置(CT)で観察し、ほぼ完全な形で残っていた脳や神経を撮影することに成功した。