汚染水管理の強化指示=タンク漏れ続発で東電に-規制庁

汚染水が漏れたタンク底板の内側。穴を見つけるため泡を塗り、外側から吸引したところ、小さな隙間が2カ所見つかった[東京電力提供] 東京電力福島第1原発の貯蔵タンクで汚染水漏れが相次いでいる問題で、原子力規制庁は4日、東電の広瀬直己社長を呼び、人員の増強など汚染水の管理体制強化や、安全審査を申請している柏崎刈羽原発(新潟県)の安全管理体制の見直しを求めた。 続きを読む 汚染水管理の強化指示=タンク漏れ続発で東電に-規制庁

汚染水漏れ:規制委 東電は24時間海水モニタリングを – 毎日新聞

東京電力福島第1原発での汚染水漏れ問題で、原子力規制委員会は13日、東電に対し、同原発近傍の海水の放射能濃度測定(モニタリング)について、従来の1日1回から24時間連続での実施を検討するよう指示した。 続きを読む 汚染水漏れ:規制委 東電は24時間海水モニタリングを – 毎日新聞