アップル、iPhone6からサムスン製APチップ排除

アップルが来年からiPhoneの核心部品であるアプリケーションプロセッサー(AP)にサムスン電子製品を使わない見通しだ。

APはコンピュータの中央演算装置(CPU)に相当するもので、スマートフォンの頭脳に当たる。「iPhone5」のAPはサムスン電子が独占供給した。アップルの“脱サムスン”戦略が加速化しそうだ。

続きを読む アップル、iPhone6からサムスン製APチップ排除

さらに大画面の「iPhone 6」、2014年に発売か–アナリスト予測

apple-iphone1 Appleは2012年、旧モデルより画面が大きい「iPhone 5」を発売したが、あるアナリストによると、同社にとってスマートフォンの大画面化はこれで終わりではないようだ。

続きを読む さらに大画面の「iPhone 6」、2014年に発売か–アナリスト予測

アップル、「iPhone 5S」出荷にさらなる遅れか

Citigroup Capital Marketsの調査レポートによると、期待されている「iPhone 5S」の出荷がさらに延期され、一方で「iPad mini」への需要は弱まっているという。また、同レポートは、「Retina」ディスプレイ搭載の「MacBook Air」が発売される予定だと伝えている。

続きを読む アップル、「iPhone 5S」出荷にさらなる遅れか

Apple、新型プロセッサで「Samsung切り」を決行!?台湾TSMCが生産受注か?

Apple A6X chip

韓国Samsungの幹部は、2014年に投入を予定している次々世代型iPhone(通称iPhone6)に搭載する新型プロセッサ「A7」について、台湾TSMCが米Appleより生産を受注したとの観測を強めているようです。

スマートフォンの心臓部分ともいえるコアプロセッサ。iPhoneやiPadでは、新機種が発売されるたびに「A5」「A5X」「A6」「A6X」とプロセッサの性能も向上されてきました。

今までこれらのプロセッサはSamsungに製造を委託していたAppleでしたが、Android端末との市場競争が激化するなか、その関係が解消されるのではないかとの噂が昨今飛び交っていました。

続きを読む Apple、新型プロセッサで「Samsung切り」を決行!?台湾TSMCが生産受注か?