アップル、ブラジルで「iPhone」の商標権を喪失との報道

最新の報道によると、Appleはブラジルで「iPhone」の商標権を失ったという。 BBCは現地時間2月13日、ブラジルの規制機関である国立工業所有権院(The Institute of Industry Property:INPI)の職員との会話内容を引用して、Gradiente Eletronicaが2000年に行ったiPhoneの名称登録の正当性が立証されたと報じた。したがって、AppleはブラジルでiPhoneという名称を使う権利を有していないことになる。 しかし、INPIはBBCに対し、Appleがその裁定の不服申し立てを計画していることを認めた。 INPIの裁定の1週間強前には、INPIがGradienteに対してiPhoneの独占商標権を認める予定であると複数のメディアで報じられた。 続きを読む アップル、ブラジルで「iPhone」の商標権を喪失との報道