ビクターブランドからイヤホン「ウッドシリーズ」に10周年記念モデル

 JVCケンウッドは10月18日、ビクターブランドから“木”の振動板を採用したイヤホンのフラッグシップモデル「HA‐FW10000」を発表した。初号機の発売から10周年を迎えた記念モデルになる。発売は11月上旬。想定税別価格は18万円前後になる。

「HA‐FW10000」
「HA‐FW10000」
MMCX端子を採用し、ケーブルの脱着が可能
MMCX端子を採用し、ケーブルの脱着が可能
 

 ビクターブランドは、旧日本ビクターが国内向けに使用していたブランド名。2008年以降、ビクターブランドの露出が少なくなり、ここ数年は国内外ともにJVCブランドで統一していたが、2017年にブランド復活を表明。頭外定位音場処理技術「EXOFIELD(エクソフィールド)」を使ったコンセプト商品「WiZMUSIC(ウィズミュージック)」をビクターブランド復活第1弾として提供している。

 HA‐FW10000は、WiZMUSICに続くビクターブランドモデル。「JVCケンウッドでは、JVC、ケンウッド、ビクターと3つのブランドを展開しているが、事業を展開していなかった時期があるにもかかわらずビクターブランドの人気は高い。2017年のブランド復活以降、社内からもブランドを活用したいという声が多く上がった」とJVCケンウッド ブランド戦略部部長の山本耕志氏は、ビクターブランドの人気の高さを説明する。

 今後は、ビクターブランドを「イノベーションを追求するブランド」と位置づけ、提供していく方針。イノベーションの1つの領域として「原音探求」思想を再定義し、こだわりの音作りから生み出す商品、サービス、ソリューションにビクターブランドを採用していく。

CNET Japan 最新情報 デジタル製品チャネルView original post.