ビクターブランドからイヤホン「ウッドシリーズ」に10周年記念モデル

 JVCケンウッドは10月18日、ビクターブランドから“木”の振動板を採用したイヤホンのフラッグシップモデル「HA‐FW10000」を発表した。初号機の発売から10周年を迎えた記念モデルになる。発売は11月上旬。想定税別価格は18万円前後になる。

続きを読む ビクターブランドからイヤホン「ウッドシリーズ」に10周年記念モデル

攻殻機動隊 S.A.C.のタチコマを1/8と1/2のサイズで再現 / 制作秘話や今後の予定などを聞いてきた

世界的に高い評価を得ている『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ。そのマスコットと言えばやはりタチコマだ。割とクールでドライな作中における潤い成分みたいな存在だが、実はリアルに1/8サイズと1/2サイズで再現されている。とは言っても、ここまでは結構前からなので既にご存知の方も多いだろう。 続きを読む 攻殻機動隊 S.A.C.のタチコマを1/8と1/2のサイズで再現 / 制作秘話や今後の予定などを聞いてきた

ボストン・ダイナミクスの犬型ロボット、今度はダンスで “ムーンウォーク”を披露する

つい先日、ボストン・ダイナミクス社の2足歩行ロボット「アトラス」がパルクールをこなす動画についてお伝えした。同社が開発するロボットの性能には、いつも驚かされるばかりである。

そんなボストン・ダイナミクス社が、またしてもとんでもない動画をアップした。今回は犬型ロボット「スポット・ミニ」が、ファンキーな音楽に合わせてキレッキレのダンスを披露するというものだ。 続きを読む ボストン・ダイナミクスの犬型ロボット、今度はダンスで “ムーンウォーク”を披露する

手のひらサイズのAndroid端末「Palm」が登場–大画面スマホのお供に

 Palmが、小型Android端末「Palm」を発表した。米Verizonが独占で11月に発売する。価格は349.99ドル(約3万9000円)。

 ディスプレイは3.3インチ(445ppi)の液晶、プロセッサはQualommの「Snapdragon 435」、メモリは3Gバイト、ストレージは32Gバイト、バッテリは800mAhとなっている。色はチタニウムとゴールドの2色。 続きを読む 手のひらサイズのAndroid端末「Palm」が登場–大画面スマホのお供に

アップル、音楽分析の新興企業Asaiiを買収–「Apple Music」強化か

 Appleは新しい音楽を見出そうとしているのかもしれない。音楽分析を手掛ける新興企業AsaiiをAppleが買収したと、Axiosが米国時間10月14日に報じた。

 Asaiiは、音楽業界向けツールを開発しており、同社のウェブサイトによると、その「アルゴリズムは、次なるジャスティン・ビーバーを誰よりも先に発掘できる」という。また、音楽の推薦やプレイリスト作成を支援するツールも提供している。 続きを読む アップル、音楽分析の新興企業Asaiiを買収–「Apple Music」強化か

シャープ、8Kチューナ内蔵8Kテレビ「AQUOS AX1」シリーズ発表–未知の映像音響体験始まる

 シャープは10月15日、8Kチューナを内蔵した「AX1」シリーズ3機種と、4K8Kチューナ非搭載の「AW1」シリーズの計4モデルをラインアップ。あわせて、8Kチューナ、USB HDD、「AQUOSオーディオ」など8K対応機器をそろえる。発売は11月17日で、AQUOSオーディオのみ2019年2月になる。

 シャープでは、12月に始まる新4K8K衛星放送に対応した商品を全面展開することを、9月に開催した4Kテレビの発表会で表明。年末に向け、液晶テレビ「AQUOS 4K」とBDレコーダー「AQUOS 4Kレコーダー」に加え、8Kテレビ、チューナ、サウンドバーなどで攻勢をかける。 続きを読む シャープ、8Kチューナ内蔵8Kテレビ「AQUOS AX1」シリーズ発表–未知の映像音響体験始まる

アップル、中国製スパイチップ報道を改めて否定–議会に書簡

 Appleは米国時間10月8日、議会に書簡を送付し、中国のスパイにチップを埋め込まれたとする報道を改めて否定した。

 この書簡は、Bloomberg Businessweekが4日に掲載した記事を受けて送付されたものだ。同記事が匿名の情報筋の話として報じたところによると、AppleとAmazonが中国のスパイの標的となり、製造過程で両社のデータセンター機器に監視用マイクロチップが埋め込まれたという。

続きを読む アップル、中国製スパイチップ報道を改めて否定–議会に書簡

「海外利用状況」女性は音声通話も“Wi-Fiレンタル+LINE通話”、男性は“国際ローミング”がメイン

毎日の生活に欠かせないものとなったスマートフォンや携帯電話。海外旅行中に利用するためには、自分自身の端末をそのまま使う国際ローミングや、現地での端末レンタル、SIMフリー端末と現地SIMカードの組み合わせなど様々な選択肢があるが、どのような通信手段が主流となっているのだろうか。

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」では、10代~70代の男女1,601名を対象に「海外でのスマートフォン・携帯電話の使用状況」に関するアンケートを実施。その結果を発表した。

続きを読む 「海外利用状況」女性は音声通話も“Wi-Fiレンタル+LINE通話”、男性は“国際ローミング”がメイン

携帯電話や口座…裏社会で月額200万円以上稼ぐ「道具屋」の仕事

 スマホの保有率が国民の7割を超え、それにつれて近年、大きな変化を見せている裏社会。その変化を知るのに注目すべき存在が「道具屋」という裏稼業だ、と語るのは、「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中の『ハスリンボーイ』原作を担当する草下シンヤ氏だ。この“ハスリン”という言葉は「非合法商売」を指す。『裏のハローワーク』を始めとする裏社会をテーマとした著書を執筆してきた草下氏が、今の【裏社会リアル】をレポートする。 続きを読む 携帯電話や口座…裏社会で月額200万円以上稼ぐ「道具屋」の仕事

BoCo、骨伝導イヤホン「earsopen」に耳裏に装着できる新モデル–高出力アンプで音質強化

 BoCoは、耳の裏にデバイスをつけることで音を聞ける骨伝導イヤホン「earsopen WR-5 HK-1002」(WR-5)を発表した。イヤーフックを用い、耳をはさみこむことで装着できるため、外の音を聞きながら、音楽を楽しめる。同日から「GREEN FUNDING by T-SITE」でクラウドファンディングを実施し、資金調達を開始している。 続きを読む BoCo、骨伝導イヤホン「earsopen」に耳裏に装着できる新モデル–高出力アンプで音質強化